薄毛を気にして育毛剤など色々試しているあなた!もしかしたらそれは治療可能なAGAかもしれませんよ?当サイトでは、AGAについて解説しています。

  • ホーム
  • AGAとそうじゃない薄毛の症状の違い

AGAとそうじゃない薄毛の症状の違い

鏡を見ている男性

ほとんどの男性の薄毛の症状はAGAがほとんどですが、AGA以外にも原因があるケースがあります。
まず、AGAの症状は、大体は30代から40代、人によっては10代や20代のうちから進行が始まることがあり、進行の時期や速度に大きな個人差がありますが、病的な一時的な脱毛症と比べると長い時間をかけてゆっくり進行していきます。
主に生え際や頭頂部から進行していきます。
メカニズムとして、ヘアサイクルの変化により、成長期、退行期、休止期、の3つのヘアサイクルのうち、成長期が極端に短くて、十分に成長できなくなるため、細くなったり、抜け毛が多くなって、全体の本数が減少する状態から薄毛が進行します。
AGA以外の脱毛症には、頭皮のフケや皮脂が異常発生することによって、異常発生したフケや皮脂が毛穴をふさいで炎症を起こし、抜け毛を発生させる脂漏性脱毛症。
特に女性に多く見られる、脳下垂体から分泌されるホルモン量の低下により、頭皮が全体的に薄くなり、同時に全身の体毛も薄くなるという特徴がある、びまん性脱毛症。
10円玉程度の大きさの円形、もしくは楕円形の脱毛が突然生じる、主に、強度なストレスを受けたり、自己免疫疾患による異常が原因であると考えられている、円形脱毛症。
健康な髪を引き抜いてしまう癖によって発生する、精神疾患の一種で、欲求不満や精神的なストレスが原因とされていますが、未だに不明点が多い疾患の抜毛症などがあります。
AGAが原因か、それともべつな何かが原因となって脱毛症を発症しているのかを素人判断で独自に対処法を調べて治療を試みた場合、その対処法によって逆に薄毛が進行してしまうという可能性があります。
脱毛の原因が気になる場合は、専門外来で診察を受けることが適切な方法です。